<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「思い出し激怒ー!」の顛末 (付録❹)

❹ イロイロモラエル (あのコマーシャル風に言ってみました・笑)

治療費は、もちろん払ってもらえますが、その他にもいろいろ請求できるようです。

●看護料
被害者が12歳以下だったり、医師の指示があったり等で、付き添った場合

     入院付き添い費:近親者付き添いの場合:1日に付き6500円
     通院付き添い費:1日に付き3300円

●入院雑費
入院中に発生した雑費のことで、入院1日につき1500円で算定されます。

●通院交通費
公共交通機関を利用する場合は問題ないのですが、どうしてもタクシーでなければ通院できないと認められれば払ってもらえるので、領収書をもらうのを忘れないでくださいね。(私は運転手さんとしゃべってるうちにすっかり忘れてしまったことが何度あったことか・・・涙)交通費に限らず、とにかく領収書は、なんでも!かんでも!保管しておいてください!

その他にも、将来、装具購入や介護が必要になった場合など、話し合うことができるようです。

では、事故に遭ったら、頑張ってください、と言うより、事故に遭わないでください!ですね。(笑)

           
       ※ 「赤い本」(裁判所・弁護士基準)に従って書いています。
[PR]
by chilinh | 2017-06-22 13:24

「思い出し激怒ー!」の顛末 (付録❸)

❸休業補償について

事故によって働けなかった場合、事故がなければ得られたであろう収入を「休業損害」と言い、それは「休業補償」として加害者側に請求することができます。ま、当たり前のことですよね。自賠責保険の場合、基本的に日額5700円で計算されますが、任意保険会社との交渉ではいろいろ証明しなくてはならないので、ちょっと面倒かも?勤め人なら給料明細等でできますが、自営業の人は、前年の申告所得額を365で割って日額を算定するのだそうです。その際、固定経費(事業を維持するためにかかる経費)も加算してもらえるらしいですけど、保険会社が親切に教えてくれることはあまりないそうです。だよね...
主婦の場合、自賠責保険では日額5700円で、裁判所・弁護士基準では、全女性の平均賃金から算定された額、9700円くらいで支払われるそうです。任意保険会社では、5700円で計算されることがほとんどだそうです。2倍近い差がありますねぇ・・・

えーっと、番外編で、人に言えないような仕事をしている方の場合ですが、収入明細書もないだろうし、所得を申告しているはずもなく、きっと収入を証明することができないですよね。私の知ってる人の場合、家計簿を見せて、これだけの支出に見合うだけの収入があったんだぞ!と言い張って、結局それでOKでしたよ。人に言えないような仕事をしている方は、家計簿をつけましょう!か?いや、人に言えないような仕事は、今すぐやめましょう!が正しいですね。(笑)
[PR]
by chilinh | 2017-06-17 23:28

「思い出し激怒ー!」の顛末 (付録❷)

❷慰謝料とは?

①傷害慰謝料と、(後遺症が認定されれば)②後遺障害慰謝料があります。

①は、「赤い本」の「入通院慰謝料算定表」を用いて算定されます。横軸に入院期間、縦軸に通院期間、両方が交わるところで金額が決まります。「赤い本」は裁判所弁護士基準です。保険会社との交渉では、その会社の基準で話されますが、どんな基準であるかは基本的に非公開だそうです。「赤い本」の情報は、無料弁護士相談会みたいなのでゲットできるんじゃないでしょうか、、いや、本屋さんでちょっと立ち読みでもいいかも?

②は、病院で、後遺症の診断書を書いてもらって、どこかに(第三者的な所?)送って、後遺症の等級を決めてもらいます。後遺症を認定してもらえないこともありますから、できれば、自分で(難しいですよね・汗)無理なら弁護士さんにお願いするのがいいと思います。もちろん、保険会社の人が手続きはしてくれますが、被害者に有利になるような努力はしてくれません。当然です!お金を出す立場ですから! 私の事故の場合、後遺障害の認定もらえませんでした。保険会社の人にちょっと気を使ってしまって、弁護士さんに頼みます!とは言えませんでした。病院関係の人はみんな「後遺症は残るよ!」と言っていたのに・・・ぶっちゃけ大損!(笑)
[PR]
by chilinh | 2017-06-03 23:33