加害者ファースト

最近、警察から呼び出しをくらって、ちょっとキレました。事故が冬でしたから、もうそろそろ一年になろうかという今頃、また現場検証やら事情聴取やら、、、ワタシ時間がないんですよ!自分のリハビリ週3回行って、要介護5を一人で抱えている生活がどんなもんか経験してみろと言いたい!仕事も完全復活してないのに、加害者は就職して他県に行って、そこで勝手な主張をしているんですよね。私に過失があるような言われ方して、これは尋問ですか?みたいな・・・・我慢も限界で、かるくキレました。^^;


前から思ってたんですけど、殺人事件でも、加害者は法のもとに手厚く保護されて、被害者は捨て置かれるというか、勝手に立ち上がれみたいな状態ですよね。法治国家だけど、法に守られているのは加害者?
[PR]
# by chilinh | 2016-11-06 15:08

誕生会は美味し!

これもイベントの一つでしょうが、毎月お誕生会があります。と言っても、ごちそうが出るだけですけど。3月に初めて誕生会を経験して(って、食べたけですけど・笑) いたく感動いたしまして、私4月生まれだから、4月の誕生会まで絶対退院せん!とか言ってたんですけど・・・とんでもない!5月の誕生会も経験してしまいましたョ。肩ってなかなか治らないんですね。再手術とか人工骨にするとか、周りの話も暗い気持ちにさせるものばかりで、、、でも私は元気でしたけどね、楽しいと美味しいがいっぱいで。(笑)



e0003966_1501389.jpg



さて、なかなか話が進まなくて、退院してだいぶ経つのでちょっとテンション落ちてきましたぁ。いちおうここら辺で強制的に退院させましょう。という訳で(?)5月18日に無事(じゃないけど)退院いたしました。めでたしめでたし♪また時々書くかもしれませんが、長々とお付き合いいただきありがとうございました。
[PR]
# by chilinh | 2016-10-05 15:04

楽しいがいっぱい!

「歩き方教室」・・・・院長先生が競歩の選手だったらしくて、時々歩き方の指導があります。正しい歩き方って考えたこともないので、さあ歩いてごらんと言われたら想像以上に緊張しました。右手と右足をいっしょに動かした人もいたくらいです。コントか!腹筋を縦に伸ばすようにする、足の指を開いて着地する、腕は後ろにしっかり振るとか、今でも役に立っています。朝の公園で、気持ち良くて楽しかったです!


「ライブ」・・・・ここの病院にはバンドがあって、時々ライブがあるんですよ。ホールもあるからすごいです。先生は二人とも参加されます。患者はみんな負傷してるけど、手拍子頑張りましたよ。骨折なんか吹っ飛ぶほど楽しかったデス!


ほかにも、栄養士さんの講義や腰痛教室など、なんでも参加して、楽しいがいっぱいでした。なんか、今思い出すと夢のようです。現実から逃れて、自分のことだけに集中できて、リハビリ頑張っていればいいなんて、ね。
[PR]
# by chilinh | 2016-09-30 22:35

鬼軍曹?

転院して1ヶ月過ぎた頃に、やっと、206号(8人部屋)から301号(4人部屋)に移動しました。大部屋から社長室に変わったような、広々していて家具(?)も違うんですよ。

ここに来たら、退院するためのリハビリをしてもらえて、手によるリハビリも、朝昼の2回、30分以上してもらえます。うれしいな!と思ったのですが、、、

今度のリハビリの先生が怖い! 今度も女の先生で、目が @@ ←みたいな、眼力あり過ぎ!そう言えば院長先生も眼力あり過ぎ!でしたね。とにかく、痛い!目が開けていられないほど痛い!ベッドのヘリをにぎってないと耐えられない! 肩甲骨や鎖骨が、エイリアンが貼りついたみたい、と言えばいいのか、、、ほとんど動かなくなっていたので、それを剥がす(?)のに、両手で骨を力いっぱい引っ張るのですよ。筋肉が固まっているからと言って、揉みほぐす、というより、どこにそんな力があるの!というくらい揉み潰され、痛いと言う余裕もないほど。

苦行!ただ耐えるだけ!

その上、いつも怒られる!こんなに怒られたことなんて今までないデスよ!前から姿勢が悪いのを指摘されてはいたのですが、いつも「姿勢!!」と怒鳴られるし、ちょっと油断するといきなり後ろから肩をつかんでギュッと引っ張られるし。ド近眼なので、ちょっとうろうろしていたら、「目が見えんなら、メガネをかける!」って、(コンタクト入れてるけど見えないんですよ・・・) 靴のかかと踏みつけていたら。「ナンセンス!」って、、(ナンセンスってナンですかぁ・・・・)


毎日ビクビクして暮らしていましたよ。

でも、まあ、自分のためだし・・・・(なんて健気なんでしょう 笑)
[PR]
# by chilinh | 2016-09-23 23:04

現場に行く

(今、ほんとに余裕がない生活をしているので、なかなか話が進まなくて申し訳ないデス)


転院してから、1ヶ月が過ぎた頃、(まだ8人部屋で毎日お祭り騒ぎをしていた3月の終わり) 警察から電話があり、現場で事情聴取するということで、「わ、パトカーに乗れる!」とまた大騒ぎして、、、

当日、パトカーじゃなくてふつうの乗用車でしたが、現場に行きました。事故が1月の終わり頃でしたから、2ヶ月間、警察も加害者も誰も来なくて、何か落ち着かない気分でした。 やっと、事故だと認めてもらえるんだぁ。


私には全く落ち度が無いので、何の心配もなく、花見ドライブ~♪ な感覚です。事情聴取って、すごいですね!って何が?(笑) いや~、警察の人の技術というか、いろいろ質問はされるんだけど、ほとんど楽しい世間話!してる間に、りっぱな書類が出来上がりました。確認のために読んでくれるんだけど、いやー、すごいすごい!


でもね、「ゴミ置き場の前で倒れていた」というところは、やめてーと言いたかった。まぁ、確かにゴミ置き場がありましたけど、自分が生ゴミになったような気がした・・・
[PR]
# by chilinh | 2016-09-18 22:54

・・・

事故の後、母はデイサービスでお世話になっていた介護施設に入れてもらえたのですが、たった一ヶ月で床ずれが二か所もでき、ボケたようになっていたそうです。あのまま施設に居たらどうなっていたか。私はまだまだ入院生活が続くのに、どうして母が家に帰れたかというと、従姉妹が仕事を辞めて介護を引き受けてくれたからです。仕事を辞める時は一か月前に会社に告げなくてはいけなかったので、一ヶ月という時間が必要だったのです。従姉妹は、介護師の資格を持っているので安心でしたが、それでも、要介護5の人を引き受けるのは並大抵のことではないです。叔母もいっしょに頑張ってくれましたが、誰かが倒れるんじゃないかと恐ろしかったです。私はそれまで、母の病気に振り回されて人生綱渡り状態だったので、入院してふつうの人間に戻ったような感じだったのかもしれません。基本の感情というか、、、当然私にもいろいろな感情のギアがあるけれど、ニュートラルにすると「楽しい」になるので、今までなんとか生きてこれましたが(笑)一人でいわゆる介護生活というものを生きていくのはハンパないことです。入院生活が楽しい!!と感じたのは、今までの生活がやっぱり苦しかったということでしょうね。
[PR]
# by chilinh | 2016-09-09 22:11

リハビリ開始

リハビリは、午前と午後2回、4~5時間ありました。日曜日は休みなんですが、私は介護の手伝いをするということで毎週家に帰っていました。これがほんとに良かったです!一日なにもすることがなく病院にいるなんて相当つらいですよね。週1でシャバに出られるということがどんなに入院を楽にしたか!デス。


今度の先生は、きびきびとした小柄な女の先生で、、、なので「僕に預けて」状態をやってもらえなくて最初は苦労しました。自力で動かすことがこんなに辛いとは・・・・筋肉王子が恋しい!デス。先生によるリハビリは午前午後15分づつで、後の時間はいろいろな運動をします。スポーツジムのような感じ。これも最初は、ウソでしょう!というくらい何にもできませんでしたが、3日目くらいからなんとかなりそうかな?という感じ。80代の人もいましたが、人間がんばればなんとかなるもんだなと思いました。やるっきゃない!のですよね、院長先生の言われる通り。



運動するもんで、疲れるしおなかがすくし、、、よく寝てよく食べて、健康優良児です!入院中、一番たくさん言われた言葉は「また寝とう!」 一番たくさん言った言葉は「おなかすいた!」
[PR]
# by chilinh | 2016-09-05 23:11

転院しました! (2)

診察室に呼ばれ、、、

PCの画像を見ていた院長先生が、

「すごいもんが入っとうね!」 と、こちらを見た瞬間、思わず目をそらしてしまいました。

目力がすごい!

@@←こんな目でした。(笑)

「やるっきゃないね!」 と言われ、

「後遺症は出るよ!」 と高らかに宣言されてしまいました。(TT)




まず、左手の固定を外してもらいました。当然固まったままで動きませんでした。これから大変だなぁと思いましたが、10分ほど温パックで温めてもらったら、あっさり手を広げることができました。ほんとあっさりと!(笑) 伸ばすのはあっさりとでしたが、1か月間曲げたままだったのに、曲げるほうがなかなかできませんでした。で、ここで嬉しいジャグジー療法!手だけジャグジーでグーパーをしていればいいのです!至福の時❤ リハビリがこんなんばかりならいいのですが・・・


e0003966_23113143.jpg



この時の右肩の状態は、前から上げるのが、

自力で 45度  他力(僕に預けて方式・笑)で、110度

横に上げるのは ほどんどダメ状態でした。
[PR]
# by chilinh | 2016-08-25 23:17

転院しました!

イケメン祭りも終わり、筋肉王子とも別れを告げ、2月26日朝9時ごろ、部屋のみんなが車イスやらなんやらで華々しく(笑)玄関まで見送ってくれて、いざ新しい病院に! 

なのですが、嬉しさもありやっぱり不安もありで、、、


毎日、お祭り騒ぎのような入院生活だったので、今度はどんな生活が始まるのか、、、




今度の病院は、院長先生が、かつてオリンピックに医師として同行されたことがあったり、今はテレビのコメンテーターされていたり、〇〇バンドとか、音楽活動もしている、そのほかにもナンヤラカンヤラ(笑) とにかく華やかな病院です!


でも、8人部屋に案内されてビックリ!みんなカーテンを閉めていて誰もしゃべっていない!前の病院ではありえない事です。ついてきてくれた従姉妹が「瞑想ができるね」と言ったくらい静かでした。どうしよう、生きていけないわ!と思いましたが、夕食の頃には仲良くなれて、もうお祭り騒ぎしてました。(笑) なにしろ8人部屋なので、ほんとにいろんな人がいて、とても書ききれない面白い経験をしました。入院ってこんなに楽しいの!?デス。
[PR]
# by chilinh | 2016-08-19 18:34

転院します!

ここは救急病院なので、そう長く入院していることはできません。でもそう簡単には治らないので、みんな行く末を考えては不安になっています。身の振り方を考えなくてはいけない時期がすぐにやってくるので。

1、転院して治療を続ける。

2、この病院内の地域包括ナンタラとかいう病棟に移って、退院に向けてリハビルをする。

3、もうどうにでもなれと覚悟を決めて退院する。


選択肢はこの三つです。2番がいいかなと思っていたのですが、そこでリハビリがうまくいかなくても、もう他の病院に転院することはできません。退院に向けての指導がなされる場所だから、一ヶ月くらいで退院しなければなりません。

ここで、あの福山&ダルビッシュ似のイケメン先生が、

「一ヶ月じゃあ治らないと思うので、転院先を見つけたよ」と、おっしゃってくださり、この有り難いお言葉で、ワタクシの進路が決まりました。自分で転院先を決めるのもいろいろと大変なようで、、、他の人はずいぶん悩んでいました。ほんとにあの先生は私にとって神です!

ワタクシ、転院します!
[PR]
# by chilinh | 2016-08-09 11:04