猫s

e0003966_9562442.jpg


モデルさん達
[PR]
# by chilinh | 2015-10-08 09:57

やっと・・

e0003966_19173817.jpg

いつの間にかシルバーウィークとやらができてたんですね~。
シルバー世代が喜ぶウィーク、っちゅうわけでもないのでしょうが、泣いてる人もいますよ。入院中のシルバーさんたちは、病院スタッフが少なくて、ほったらかし状態に近いです。5日間もです。今日も、隣のベッドの人が〇んこまみれになっていたので、看護士さんに3回もお願いしたけれど、結局何もやってもらえなくて、、そのまま帰ってきましたが、気になってイライラしています。
連休たって、働いてる人もいれば苦しんでる人もいるし、テレビでは、なんで遊んできた人ばかり映すのかね~。羨ましくはないけれど、ちょっとムカつく。(笑)

とにかく、やっと地獄の連休が終わる。。。。
[PR]
# by chilinh | 2015-09-22 19:41

今年も・・

e0003966_223254.jpg

[PR]
# by chilinh | 2015-09-18 22:03

あーもー 暑いし狭いし

e0003966_22191840.jpg

[PR]
# by chilinh | 2015-08-13 22:26

8・10 夕方

e0003966_18381658.jpg


【戦争の記憶が失われた時に。戦争の種が蒔かれる】
と、誰かが言っていたけれど、、、、
[PR]
# by chilinh | 2015-08-10 18:42

・・・続き(高杉晋作)・・・ 

高杉晋作が平尾山荘に身を隠していたのは、わずか十余日に過ぎなかったが、長州に戻った晋作から、もはやこの世であうことはないであろうが、来世でお礼をしたいという手紙が届けられている。この2年後、投獄(志士をかくまった罪)されていた望東尼を救出するというかたちで恩返しをはたすことになる。

e0003966_20531378.jpg


  【 冬ふかき雪のうちなる梅の花 埋もれながらも香やは隠るる 】
       
                     ※晋作を梅にたとえ、その能力と再起を信じて。



  【 まごころを つくしのきぬは 国のため 立ちかへるべき ころも手にせよ 】

                       ※旅立ちの時に、自ら縫った着物に添えて。
[PR]
# by chilinh | 2015-08-05 09:06

・・・・・・・・・・続き・・・

 【 ひとすじの道を守らばたおやめも ますらおのこに劣りやはする 】
                    
            (ひとすじに道を貫けば、女性も男性に劣ることはない)
  

e0003966_2144541.jpg

  
  【 うき雲のかかるもよしやもののふの 大和心のかずにいりなば 】
  
  (疑いがかかるのもよしとしよう、大和心をもつ志士の一人に数えてもらえるのならば)


e0003966_21444931.jpg
 

  【 かりがねの帰りし空をながめつゝ  立てるそほづ(かかし)は我身なりけり 】
   
               ※女の人が自立して生きることは許されなかった時代。
                 悲しみ苦しみや焦燥感を詠んだ歌が多くあるそうです。


         
[PR]
# by chilinh | 2015-08-04 09:10

野村望東尼

「平尾山荘」の追加記事です。
近くに「山荘通り」というバス亭があったりして、野村望東尼の名前を耳にすることも多く、生き方に魅了されたという人もいるのですが、全国的な話になると、もしかしたら、あまり知られてない?とか思って。
他人様の人生をこんな国語力で紹介するなんてできないので(オコガマシイというか何というか・・・)、ご本人の和歌を紹介するだけならで許されるかなと。。。


e0003966_124478.jpg


  【 ただ一夜世にあらむとて生ひ出し こは何事の報いなるらん 】

                        ※四人の女子を産んだが、いずれも早逝した。



  【 春ごとに待ちし若木の庭桜  これぞ今年のまこと初花 】

                             ※山荘の若木にはじめて花が咲いて。



  【 初秋の風に吹かるる燈火(ともしび)の 影も心も細る夜かな 】

  【 狭しとて二人住みにし伏庵の かたはら広く寝たる独身 】

                         ※ 夫が病気で亡くなった後、山荘に戻って。



                                  ・・・・ 続きます ・・・・
[PR]
# by chilinh | 2015-08-03 09:23

平尾山荘

e0003966_025189.jpg

   おもしろきこともなき世をおもしろく  すみなすものは心なりけり 
                          
                            上の句 高杉晋作 下の句 望東尼 


下の句を詠んだ 歌人野村望東尼の草庵です。
隠居所として建てられたものですが、夫の死後、それまで静かだった山荘は勤王の志士たちのアジトとして、歴史の舞台に現れます。


   もののふの大和心をよりあわせ ただひとすじの大綱にせよ

                                           望東尼
       

ここに高杉晋作がかくまわれていたのか!と思いましたが、残念ながら、これは当時のままではなく、復元されたものだそうです。
e0003966_03586.jpg


でも、もしかしたら、この樹たちはその頃からここに生きていたかもしれません。
e0003966_032113.jpg



※ 今日の大河ドラマに、一瞬ですが「平尾山荘」が出ていたのを見て、以前書いた記事をもう一度出してみました。最近写真を撮る余裕がなくて、、、、昔は頑張ってたなあとか思いながら。(笑&涙)
[PR]
# by chilinh | 2015-08-02 21:55

栗の花

e0003966_2015152.jpg

[PR]
# by chilinh | 2015-05-30 20:15 | 久美子の句