人気ブログランキング |

TATAKAI ♯2

今は患者一人一人にチームで対応するというシステムができているようですね。

医師、言語聴覚士、作業療法士、で「チームチリンママ」ですね。

リハビリはとても優しく丁寧に、穏やかな時間を過ごしていました。リハビリ担当の先生は退院する時も涙を流してくれました。


嚥下指導の言語聴覚士さんは、食べるのは無理と判断されていたので、危険を犯して食べる練習なんかできない(触らぬ神にたたり無し?)という態度でした。

先生は、長ーいこと、判断を先送りしていました。とても慎重な方だとスタッフ全員が声をそろえていたので、仕方ないないかと思いますが、訳の分からない薬だけが増えていきました。

このままでいくと、言葉は適当ではないですが・・・見殺し?
好転していく機会は与えられず、弱っていくのを待つ、いや待ちはしなくとも、飲み込みの練習をしないことには、何も始まらないまま終わる!でしよ!


という訳で、
ワタクシの「TATAKAI」が始まります。
まず、我慢の限界だった嚥下指導の先生に強く強く抗議しました。ちょっとキレました。嚥下能力がないとの判断の元に、何にもしてないんですから。

で、実力行使です。病院に知られたら追い出されますが、駐車場で、隠れて飲み込みの練習を始めました。鼻からチューブが入ったままになっているので普通より難しいはずですが、一度も危ないことはなく、しかも一番難しい水を使ったのに。(もちろんトロミはつけます。食べ物だと何かあった時に大変なことなるので)

必死です。



by chilinh | 2019-06-06 22:49 | 物語は・・・
<< めでたしめでたし TATAKAI >>