人気ブログランキング |

桧原桜

e0003966_9381029.jpg
                                          ※4月6日撮影



桧原桜・・・道路拡張工事のために一度は伐採されることになっていたが、ある日、桜を惜しむ詠み人知らずの歌が枝にかけられ、心を動かされた故進藤前市長によって伐採が中止された、という桜並木。毎年、花の時期にはたくさんの人が訪れ、句会などが行われている。この話が講談師の神田紅さんの演目にも加わったらしい。

今、高速道路もできて、短冊に書かれているように「新旧の道」のおかげで確かに便利になった。しかし、伐採を免れたここの桜以外の樹は(たとえば、いつも坂道の途中で大きな日陰をくれた樹、あの樹はあっさりと切り倒されてしまったわけで・・・)すべて跡形もなく消滅させられた。


何かを手に入れるためには何かを手放さなければならないという掟に従い、多くの何かを手放して、今手元にあるものはウチラの選択した結果なのですが、私的にはとても痛い痛い、結果デス。今、博多湾を埋め立てて造られている人工島、毎年ここに飛来している鳥達は人工島が出来上がったらもう住む場所がなくなるかもしれない。人工島建設反対に署名はしたけれど、市長さんも変わったけれど、動き始めた公共事業は動き続ける。そういうことデス。来年、渡り鳥がやってきた時、羽根を休める場所がなくなっていたらどうするのだろう?
by chilinh | 2008-04-18 09:39
<< 積文館 落椿 >>