人気ブログランキング |

2019年 04月 05日 ( 1 )

抗生剤のお世話になる日々

最初に感染症になった時は、??なことが。

治療方法は、抗生剤の点滴で細菌を殺す!なのでしょうが、やはり、細菌だけでなく本人にも悪い影響があるんでしょうね。

なぜか目が、目玉が上のほうに固定されてしまって全く動かなくなってしまいました。そんなこと、やろうと思ってもできるものではありません。目は見えているようでしたが、はめ込まれた人形の目のような、とても人間の顔ではありませんでした。
その上、何日も熱が下がらなくて・・・


病院は、最初に救急車で運ばれた救急病院で、若い男の先生に変わっていました。
「先生、なんか変ですよ?」
「・・・・」

次の日の朝早く、病院から電話!
「抗生剤、変えます!」って、びっくりしますよー!先生!こんなに早く病院から電話なんて。勝手に変えろ!(笑)と思いましたが、夜中にいろいろ考えてたんだろうなと思って感謝しました。

思うに、先生との相性ってあるんですよねー!
この時の先生とは、一緒に頑張ってる感があって、心穏やかな日々でした。

朝晩2回の導尿の量と、自尿の成績(?)を、トイレに行く度に、◎とか△で、毎日メモ帳に記録していました。先生は、「助かりますー!(^_^)V」と、喜んではりました。(笑)
まだこの頃は、導尿をしなくてもいい生活ができるようになると思っていました。

by chilinh | 2019-04-05 08:04 | 物語は・・・